「スコティッシュを捨てないで!」

☆TOMO0808☆

2017-02-02
0 COMMENTS
可愛らしい仕草で人気のある猫の一つとなっているのが、
「スコティッシュ・フォールド」です。

ずいぶん前に、記事にしたことがありますが、
僕個人の考えとしては、この猫は「品種」ではなく、
「遺伝子疾患」である、と思っています。


耳が折れている原因は、軟骨の形成不全を引き起こす遺伝子を持っているからです。
耳折れ遺伝子F(耳折れでない正常遺伝子はf)を持っている猫は、
もう片方の親の品種が何であれ、「スコティッシュ・フォールド」となってしまいます。

Fが二つ揃ったFF遺伝子を持っている猫は、重度の骨や関節の異常を起こし、
心臓病や腎臓病となって長生きできない可能性が高くなります。
そのため、Fが一つだけのFf遺伝子の持ち主が、
通常販売されている「スコティッシュ・フォールド」です(FFを売っていたら極悪です)。

F遺伝子は優性遺伝子なので、Fが一つでも入っていれば、症状として発現します
("耳の立っていないスコティッシュ"は、おそらくF遺伝子を持っていないffの個体です)。
F遺伝子を持っていれば、軟骨の形成異常という症状が起こりますので、
耳が垂れ、関節や骨の異常が、程度の差こそあれ、必ず生じます。
「可愛い」と言われる外貌というのは、病気によって軟骨形成異常となったことによるものです。

「スコティッシュ・フォールド」というのは、結局のところ遺伝子疾患の一つです。
実際、イギリスでは品種とは認められていません(1970年代にリストから削除されました)。

「スコティッシュ・フォールド」は、F遺伝子が入れば起こる遺伝病なので、
もう片親が何であれ、F遺伝子を持っている個体が交配を行えば、
その子はスコティッシュとなる可能性があります
(Ff×ffの交配で、Ff50%、ff50%です)。

獣医師としてとても心配なことの一つは、スコティッシュの個体が捨てられたり、
未去勢の個体が外に自由に行って交尾したりすると、
野外にF遺伝子が広まる可能性がある、ということです。

劣性遺伝子であれば、持っていても特に症状を起こさないということになるかもしれないですが、
F遺伝子は優性ですので、持っていれば発症してしまいます。

一旦遺伝子が野外に出て行ってしまうと、取り返しがつかないものとなります
(耳が折れているのでわかりやすいかもしれないですが)。
Ffの個体が野外で交尾を行えば、半分の可能性でその子はFfとなり、
その子も交尾を行えば、また半数がFfとなり、と繰り返されていきますので、
環境中に、F遺伝子が拡散していくことになります。

半年ごとにメスが4頭出産するとして、その半分がF遺伝子を受け取るとすれば、
半年ごとに個体数が倍々になっていく計算になります。
一旦広まってしまったF遺伝子をクリアにしようと思ったら、
耳の折れている個体を全て捕まえて排除(もしくは避妊・去勢)するしかありません。

最初は交尾相手もff遺伝子の持ち主ばかりなので、子供はFfかffだけだと思いますが、
そのうちFf個体が増えれば、いずれ必ずFFの遺伝子を持った個体も生まれます。
その個体は、重度の発育異常を起こして、まともには生きていくことはできません
(Ff×Ffの交配で、25%がFFとなります)。

スコティッシュがみんな避妊・去勢をしているか、室内だけで飼育をしているのであれば、
野外にF遺伝子が出ていくことはありませんが、
未去勢・未避妊のスコティッシュが捨てられたり、外に自由に出て行って交尾をするようなことが起これば、
野外の猫にF遺伝子が入り込んで行きます。
特にオスの場合は、あちこちで交尾をしてきたりすると、
あちこちにF遺伝子を広めてしまうということになります。

相手の猫が雑種であろうと何の猫であろうと、F遺伝子を持って生まれてくる子は、
「スコティッシュ」となります。
それが、この猫を品種と考えることが決定的にできないところです。
品種であれば、相手が違う品種であれば、その子は「雑種」となるのですが、
スコティッシュにおいてはそうではありません。

しかも、雑種になれば通常は不利な遺伝子というのは雑種強勢によって見えなくなることがほとんどですが、F遺伝子は優性遺伝子なので、
F遺伝子を持っていれば、それは症状として現れます。

F遺伝子が野外に広まってしまうと、あちこちにスコティッシュの猫がいる状態となっていきます。
しかもFFの持ち主が一定の確率で現れますので、重度の発育異常となったかわいそうな猫が出てくることとなります。
これを「遺伝子汚染」と言わずして何なのか、というのが、
いち獣医師としての危惧です。

今は個体数が少ないので、まだ報告もされておらず、トピックスにもなっていませんが、
スコティッシュが捨てられたり、外で交尾を行ったりすることによって、
F遺伝子が野外に広まっていけば、
将来的には十分起こり得る事態であると思います。
もしかしたら、もう現時点でも、野良猫で耳の折れている猫をよく見かける、
という地域はもうあるかもしれません。

スコティッシュ・フォールドを飼っている人は、未去勢・未避妊の個体を絶対に
・外に捨てない
・外に出さない
として欲しいと思います。

販売する側も、そのことを伝えておかないといけないと思います。
できれば、避妊・去勢を行ってから販売される方がベターだと思います。

そして、飼っている飼い主さん自体が、この猫はそういう遺伝子を持っている猫なのだ、
ということを知っておかないといけないと思います。

ただの、「耳が折れている可愛い猫」ではないのですから。

※転載、リンクはご自由にどうぞ


転載元: どうぶつ病院診療日記

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply